酵素ダイエットの副作用

酵素ダイエットは酵素ドリンクを食事に置き換えるわけで、置き換えダイエットの仲間になります。主食を何かに置き換える置き換えダイエットはすぐにでも取り組める手軽さが魅力ですね。

 

ましてや、酵素ドリンクに置き換える酵素ダイエットなら調理する手間も掛からず、ダイエットを明日へ明日へと先延ばしにしなくて済みます。

 

ただ、置き換えダイエットは栄養の偏りが懸念されます。なるべく栄養が偏らない食べ物に置き換えようとすると今度はカロリーが抑えられないという問題も発生します。

 

その点、食べ物の酵素を液体にした酵素ドリンクは栄養価の高い飲み物なので栄養を偏らせることなく摂取カロリーを減らすことが可能です。

 

ただし、酵素ダイエットは短期間に集中的に行うと置き換えダイエットというよりもファスティングダイエットに近くなります。

 

ファスティングとは断食のことで、修行で行う断食のように飲まず食わずというわけではなく固形物を断つことを意味しています。水分は摂取していいのと、酵素ドリンクのような栄養のある物を摂取するため、断食ではなくプチ断食と呼ぶこともあります。

 

では、断食による反動はないのでしょうか?

 

栄養を摂取しないのではなくむしろ栄養満点な酵素ドリンクを飲んでいるわけで、反動すなわちリバウンドは起こりにくいです。しかし、それまで食べるのが普通だった固形物を食べない・食べられないという点を考慮すると、食べることが大好きなタイプにとって苦痛を感じないとは言い切れません。

 

とはいえ、食べることが大好きでも週1回1食だけ酵素ドリンクに置き換えるのを1か月続け、成功したら2か月3か月と続けていくと、不思議と続くものです。ある程度続くと体が慣れ、固形物を食べなくても苦痛に感じなくなります。

 

酵素ダイエットは短期で結果を出せるのが魅力。でもそれはそれとして、あえて長期で取り組むことが成功の鍵となることもあります。

 

その他、短期でもプチでも断食後は固形食を体が受け付けないことがあるので、酵素ダイエット明けはうどんや雑炊など胃に負担を掛けない物を食べることを心掛けましょう。